ご購入の流れ

不動産を購入する際の流れや内容をまとめてご紹介します

step1

資金計画

物件探しをする前にまずは資金計画を立てましょう。
『自己資金』『親からの援助』『住宅ローンの借入額・返済額』『購入の際の諸費用』などを考慮した上で購入される物件価格の予算を決めましょう。

step2

物件探し

不動産の物件情報はインターネットや新聞広告、不動産雑誌などを通して簡単に得ることができます。ただ情報量が多すぎてお客様の希望に合う物件かどうか判断するのは難しいことです。また、広告に掲載する前に成約となってしまう物件も多々ございます。良い物件をいち早く見つけるためには私どもプロのスタッフにお任せ下さい。 弊社では10名の営業スタッフがお客様の物件探しのお手伝いをさせていただきます。エリア・面積・間取り・ご予算などお客様のご要望を伺い、毎日のように入れ替わる豊富な物件情報の中からお客様にとってベストな物件をご紹介させていただきます。

step3

現地見学

気になる物件がありましたら現地見学をしましょう。物件そのものだけでなく、周辺環境についてもご確認ください。中古住宅で空き家となっている物件は基本的にはいつでもご案内が可能です。現在入居中の物件の場合は、事前に売主様とのスケジュールを調整させていただきご案内いたします。

step4

購入申込み・ローン相談

買いたい物件が見つかったら、書面でご購入の意思表示をします。「不動産購入申込書」に購入金額、契約希望日、引渡希望日、契約手付金額、住宅ローンの予定などを記入の上、ご署名・押印頂きます。売主様と契約条件を調整し、その後、売買契約の流れとなります。また、住宅ローンの利用を予定している方は金融機関へ事前相談をし、借入れが出来るかどうか目途を立てておきましょう。弊社スタッフが金融機関のご紹介や手続きのお手伝いもさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

step5

重要事項説明書

宅地建物取引業法では売買契約締結の前に買主様に対し「重要事項説明書」の説明をすることになっています。重要事項説明書は物件内容(権利関係・法令上の制限・他)や取引内容(代金・契約解除・違約金・他)など不動産取引で重要な事項を書面にしたものであり、宅地建物取引主任者が主任者証を提示しながら、ご説明させていただきます。専門用語が多いため、初めて聞く言葉もあり理解しづらいかもしれませんが、弊社では不動産取引が初めてというお客様にもご理解頂けるようできるだけわかりやすく説明するよう心がけています。気になることがありましたら何でもご質問ください。説明が終わりましたらご署名・ご捺印をいただきます。

step6

売買契約

重要事項説明書の説明を受けたらいよいよ売買契約です。契約書の内容を読み合わせし、ご確認しましたら売主様・買主様にご署名・ご捺印をいただき、契約手付金を売主様へお支払い頂き売買契約成立となります。また、契約書に貼付する収入印紙代は売主様・買主様で折半となります。仲介物件の場合は不動産会社に対して仲介手数料の支払いも必要になり、一般的には契約時と引渡時に半金ずつ支払うようになります。

step7

住宅ローンの申し込み

売買契約が済みましたら金融機関へ住宅ローンの正式申込みです。ローン承認がおりましたら金銭消費貸借契約となります。お引渡日(残代金決済日)に合わせてローンが実行されるように手続きをお願い致します。

step8

残代金決済とお引渡し

物件のお引渡しは、買主様が住宅ローンを組まれる場合はその取扱金融機関において行います。売主様、買主様、司法書士、仲介した不動産業者が集まり手続きを行います。  司法書士が登記に必要な書類が揃っているのを確認しましたら、買主様から売主様への残代金のお支払い、固定資産税・都市計画税の清算をしていただき、鍵のお引渡しとなります。その後司法書士が法務局へ所有権移転登記(及び抵当権設定登記)の申請をいたします。また、登記費用、仲介手数料(残金)のお支払いもこの時にしていただくようになります。金融機関での決済の後、必要に応じて現地において境界や設備器具等の取扱いなどをご確認いただき、お引渡しの完了となります。

step9

お引越し

引渡しが終わると物件はついに買主様のものです。いつでもお引越しできます。ご要望があれば引越業者もご紹介させていただきます。また、リフォームをご検討の際は弊社グループ会社であります東邦建工(株)がお手伝いさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

step10

確定申告

住宅ローン控除の適用を受ける方は、住宅に入居した翌年に税務署へ申告をする必要があります。